馴染みのない長沢ガーデンも泊まれば都だった

一年前に山口に一人旅に出掛けた時、宿泊した施設は私がいつも選ぶお洒落なホテルとは少し違っていました。

なぜ自分の趣味ではない宿泊施設を選んだのかと言うと、懐かしい自販機が置いてあるという情報が入ったからです。

私はミーハーな部分も多いので「懐かしい」とか「珍しい」とか言われると気になってしまうのです。

だからその宿泊施設に泊まることを決めました。

施設は防府市にあり、名前は「長沢ガーデン」と言います。

緑色の看板に白文字で描かれたナイフとフォークが目立つ施設でした。

部屋の横には木の板で出来た表札がつけられていて、部屋の名前が書かれていました。

室内は和室で落ち着いた場所で過ごしやすかったです。

カードキーのホテルも多いですが、長沢ガーデンはドアノブに差し込んで開閉するタイプの鍵でした。

さらに室内から長沢湖を有望することができ、温かい温泉にも浸かることができました。

目当ての懐かしい自販機というのは、どれなのが正直わかりませんでしたが、ユニークな自販機とは出会うことができました。

うどんの自販機です。

大きな鳴門が2つほど乗っていました

味はさっぱりとしていてのど越しもよく、美味でした。

泊まるまでは、きっかけがなければ選ばなかった施設に泊まることに不安もありました。

しかし、泊まってみると快適な場所だとわかりました。

意を決して選んでよかったと思いました。